絵画|タッデオ・ガッディの最後の晩餐

サンタ・クローチェ教会

サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)はイタリア・フィレンツェにあるコンベツァル聖フランシスコ会の最も重要な教会のうちの一つです。


ゴシック建築でサンタ・クローチェ広場にあります。

サンタ・クローチェ寺院の食堂にはタッデオ・ガッディが1360年頃に描いた『最後の晩餐』があります。

今回はサンタ・クローチェ寺院と最後の晩餐をご紹介します。

タッデオ・ガッディについて

タッデオ・ガッディ(Taddeo Gaddi)は初期ルネサンス期に活動したイタリアの画家、建築家です。

ガッド・ガッディ(en:Gaddo Gaddi)の息子である、タッデオ・ガッディは、最初、ジョットの弟子兼助手として絵を学んだ。チェンニーノ・チェンニーニ(英語版)はその著書のなかで、ジョットはタッデオの代父で二人の関係は24年間続いた、と述べている。

中略

タッデオには4人の息子たちがいて、そのうち3人(ジョヴァンニ、アーニョロ、ニッコロ)は美術家として知られている。4番目の息子のザノービが美術を本職としていたかどうかは、それを示す証拠がない。
引用:Wikipediaより

タッデオ・ガッディの生い立ちや生涯は記録が少なく作品や建築物なども詳しい情報が残っていません。

タッデオ・ガッディ『最後の晩餐』

最後の晩餐

ジョットの弟子であるタッデオ・ガッディがフィレンツェのサンタ・クローチェ寺院の食堂に11360年頃に描いた『最後の晩餐』です。

上部にキリストの磔刑図とそれから派生した信仰の樹が描かれ、下部に使徒が横並びになっています。

イタリア・ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(Chiesa di Santa Maria delle Grazie)アプスレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画『最後の晩餐』と比べて観ると楽しむことができます。

フィレンツェには『最後の晩餐』を描いた絵画が多くありますが、ヨハネが寝ているパターンがほとんどです。

『最後の晩餐』はタッデオ・ガッディの最高傑作と言われています。

新約聖書の物語を描いた『最後の晩餐』はイエス・キリストが処刑される前夜に弟子の十二使徒と共に夕食をとった絵画ですか、13点あります。

・サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂のモザイク画(6世紀)

・作者不詳のフレスコ画(11世紀)

・サン・マルコ寺院の壁画(13世紀)

・リッポ・メンミ作(14世紀)

・Juan de Juanes 作(16世紀)

・Jacob Cornelisz van Oostsanen作といわれる(16世紀前半)

・Ottheinrich’s の聖書の挿絵(1425-1430年)

・Heinrich Lutzelmann 作(1485年)

・レオナルド・ダ・ヴィンチ作(1498年)

・ティントレット作(1592-1594年)

・Valentin de Boulogne作(1625‐1626年)

・ピーテル・パウル・ルーベンス作(1630-1631年)

・Dagnan Bouveret 作(1896年)

ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に貯蔵されているイタリア|レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐と見比べるのもの楽しみになります。

 



主礼拝堂のフィリーネの画家の十字架

フィリーネの画家の十字架

聖堂の内部の建物のデザインはフランシスコ会の質素さを反映したものです。

八角形の柱列が並ぶ全長115mの三廊式の身廊と73,54mの翼廊から成るT字型の建築平面です。

ジョルジョ・ヴァザーリの指揮下で対抗宗教改革の方針に準拠した教会の改築が行なわれ、障壁は撤去されました。

神秘的な内部を印象つける主礼拝堂の中央に掲げられた十字架は無名のフィリーネの画家の作品です。

ステンドグラスのやさしい光にうつされた十字架はとても印象的です。

高さが50メートル近くもある大壁画で旧約聖書のエデンの園から始まるストーリーが描かれています。

フィレンツェには絵画|五感を表したようなジョルジョーネのテンペスタやミケランジェロのダビデ像が貯蔵されているアカデミア美術館や絵画|魂を吹き込まれる瞬間を描いたミケランジェロのアダムの創造が貯蔵されているシスティーナ礼拝堂があります。

事前に観たい絵画を調べてチケットを購入するとスムーズです。

サンタ・クローチェ大聖堂 入場料

事前入場券を購入すると列に並ぶことなくスムーズに入場できます。

教会の正面に向かって左側にチケットオフィスがあります。

ここはチケットが購入できる場所と教会への入り口が同じです。

サンタマリアノヴェッラ駅から教会までは徒歩20分、中心地(ドゥオモやクーポラ)からは徒歩10分です。

教会の正面には広場があり、周辺はテラス席のあるレストランや革製品屋さんが並ぶエリアです。

■月曜〜土曜
9:30~17:30

■日曜日・祝日
13:00~17:30

■閉館日
1月1日、6月13日、10月4日、12月25日、12月26日

■入場料
5ユーロ

※帽子、過度に露出の多いキャミソールやミニスカートは、教会に入れません。

写真撮影は可能ですが、フラッシュや三脚の使用が禁止です。

サンタ・クローチェ大聖堂(Basilica di Santa Croce) 

zip: Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze – Italy
tel+39 055 2466105

Official site:http://www.santacroceopera.it

ミケランジェロの墓碑

ミケランジェロの墓碑

聖堂はミケランジェロ、ガリレオ、マキャヴェッリ、ロッシーニと有名なイタリア人たちの埋葬場所でもあります。

フィレンツェに生まれルネサンスを代表する芸術家として生涯活躍したミケランジェロの墓碑があります。

お墓の上には彼が活躍した絵画・彫刻・建築の3つの分野を表す女性像がミケランジェロの胸像を取り囲んでいます。

多くの芸術家が眠る教会です。

ミケランジェロの墓碑の向いには天才天文学者ガリレオ・ガリレイの墓碑があります。

ガリレオ・ガリレイの墓碑には天文学・物理学を表す女性像がガリレイ胸像を取り囲んでいます。

サンタ・クローチェ大聖堂にはその他にリヌッチーニ礼拝堂ジョヴァンニ・ダ・ミラノのフレスコ画など数多くの建築物や絵画があります。

ゆっくりと観ることができるので、アプスレオナルド・ダ・ヴィンチの壁画『最後の晩餐』と見比べて楽しんでください。

サンタマリアノヴェッラ駅でバス15分とアクセスも便利なので、周辺にある教会や美術館も一緒にまわることができます。

そのほかにも絵画|建築物も魅力!有名絵画が集まるウフィツィ美術館、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の463段の階段をのぼる!花のマリアフィレンツェのドゥオーモなど見どころがたくさんあるので楽しんでみてください。




自分らしい未来をSketch(描いて)して、自分らしいLife(人生)手に入れよう

SKETCH LIFEでは『お取り寄せグルメ』『風水インテリア』『アート・DIY』
3つのカテゴリから自分の生活を楽しむためのライフスタイルのご紹介をしています。

Twitter Instagram

Translate »