絵画|グスタフ・クリムトのダナエのやわらかさ

『ダナエ』はオーストラリアの画家グスタフ・クリムトが1907年から1908年にかけて描いた柔らかさが伝わる油絵です。

77×83cmのキャンパスにギリシャ神話をテーマに描かれています。

クリムトのダナエは黄金の雨に姿を変えたゼウスを女性の太もも間に金貨が混じった状態で表現されています。

現在はオーストリアのウィーンのヴュルトレ画廊に所蔵されています。

今回はクリムトと作品ダナエについてご紹介します。

グスタフ・クリムトについて

グスタフ・クリムトは、1862年にウィーンのペンツィングに生まれました。クリムトの父エルンストは、ボエミア出身の彫刻師で、母アンナは地元ウィーン出身、7人兄弟の第2子でした。1876年に博物館付属工芸学校に入学しました。工芸学校でクリムトは、石膏像のデッサンや古典作品の模写を中心とした古典主義的な教育を受けました。

中略

クリムトの家には、大勢の女性が寝泊りしていたといわれています。何人もの女性をモデルに油彩画を描き、多くのモデルと愛人関係にありました。有名な愛人はエミーリエ・フレーゲです。結婚は生涯しませんでしたが、最期の言葉も「エミーリエを呼んでくれ」でした。
引用:グスタフ・クリムト(Wikipedia)より

やわらかいタッチで描かれた女性の裸体。

絵画|官能的な傑作コレジョのユピテルとイオも素敵です。

ダナエはギリシア神話アルゴス王女の名前

モデルはエミーレ・フレーゲに続いてよくモデルにされている“赤毛のヒルダ(Red Hilda)”という女性です。

彼女の詳細については分かっていません。

ダナエはギリシア神話に登場するアルゴスの王女の名前で多くの芸術家たちの主題として扱われています。

ダナエは愛の神の代表的なシンボルとして描かれることが多いです。

ギリシア神話のダナエは父のアルゴス王の命令で、男を近づかせないように青銅の塔に幽閉されていました。

そこにゼウスが黄金の雨に姿を変えて幽閉されたダナエのもとへ訪れ、ダナエと関係を持ち息子ペルセウスを産んだと書かれています。



クリムトが描いたダナエについて

クリムトの『ダナエ』には、黄金の雨に姿を変えたゼウスを女性の太もも間に、黄金の粒子と金貨が混じった状態で表現されています。

一般的にダナエを主題とした絵画は、窓や上方から金貨のように降り注ぐように描かれ、太ももの間には描いていません。

そこからクリムトの思想がうかがえます。

豪奢で高貴な紫のヴェールに包まれていることから、彼女は高貴な血統の女性であると思われます。

そのヴェール内で丸く曲がっていることから父(アルゴス王)によって『幽閉』されていることを暗喩しています。

紫色は日本古来でも高雅な色とされ、高貴な身分の着物の色に使われていました。

かかとにストールがかかっていることや、左手の位置から自慰行為ではないかという指摘もあり、黄金の雨はダナエの妄想であるという説もあります。

ダナエの頬は紅潮し愛のエクスタシーの瞬間が表現され、柔らかくあたたかい絵になっています。

絵画の楽しみ方

絵画を鑑賞する楽しみ方は人それぞれ違います。

描いた人の生い立ちや考え、その時代の情勢や背景を調べていくことで歴史を知ることができます。

描かれたものからストーリーを知ることで楽しみが深まります。

クリムトが描いた『ダナエ』には、黄金の雨でゴールドをつかっています。

日本画家である東山魁夷の晩年の作品にも金箔をつかった作品があります。

絵画|描くことは祈ること東山魁夷の静唱もあわせてご覧ください。

“ダナエのように

毎日 毎日 精一杯 仕事をして
自分の限界より少し超えて 
できるかぎりのことをするわけ

考えることもたくさんあって
その中には仕事や恋愛や友達のこと
そして自分との対比

そう私は表面に悩みや甘えを出さない
人にそんな自分の感情を
知られてしまうのを
少し怖く感じてしまう

でも”甘えたい””安心したい”
っていう気持ちが
感情の全てになってしまう瞬間があるんだ

逃げていると自分でもわかっているけれど
あたたかい安らぎのような幸せに包まれて丸まっていたい

そう文節は違うがクリムトの『ダナエ』のように

恍惚な表情を浮かべて”

引用:《恋文》千尋 2020年 Amanon Kindle版より

好きな画家の絵を追求していくと楽しみが広がります。

絵を好みの額に入れ部屋のアクセントに取り入れる楽しみもあります。

美術館で絵画を鑑賞したり自分で絵を描く楽しみもあるので、アートは心のオアシスだと思っています。

アートを知ることで人生が変わることもあるので、よい作品をたくさん知ることがおすすめです。




自分らしい未来をSketch(描いて)して、自分らしいLife(人生)手に入れよう

SKETCH LIFEでは『お取り寄せグルメ』『風水インテリア』『アート・DIY』
3つのカテゴリから自分の生活を楽しむためのライフスタイルのご紹介をしています。

Twitter Instagram

Translate »