アメリカンヴィンテージのインテリアのお部屋を解説

アメリカンヴィンテージ
出典:Unsplash

アメリカンヴィンテージのインテリアはコンクリート・鉄・ブロックとも相性はいいですがベースは古材などの木材です。

DIYとの相性がよいのでホームセンターなどで材料を購入し、自分で作る家具とマッチします。

古さを感じるファブリックやアメリカン雑貨などを組み合わせることでアメリカンテイストに仕上がります。

70年代といってもよい雰囲気にしカラフルな配色を楽しむことができるスタイルです。

今回はアメリカンヴィンテージのインテリアのお部屋を解説していきます。

アメリカンヴィンテージに大切な3つのポイント

アメリカンヴィンテージのインテリアは、今やヴィンテージテイストの代表格ともいえるデザインです。

男前インテリアとしても人気があります。

「ヴィンテージ」という言葉通りどこか重々しさを感じる暗い色調ですが、ポップでカジュアルな小物などを加えることでラフな印象になります。

アメリカンヴィンテージのインテリアを仕上げるために大切な3つのポイントを詳しくご紹介します。

3つのポイントを取り入れるとお部屋をアメリカンヴィンテージの雰囲気に仕上がるので、ぜひ参考にしてください。

(1)内装や家具の色は暗めにする

照明の照度を落とすと古びた印象が強くなりヴィンテージ感が際立ちます。

アメリカンヴィンテージをはじめとしたヴィンテージテイストは、重みのある暗い色を基調です。

ダークブラウンやブラックで、家具や床色などをまとめてみましょう。

定番は暗めな色のレザーや、ウォールナット・栗など木の節目が目立つ木材などです。

白系のカラーを使いたい場合はできるだけくすんだ白を選ぶとヴィンテージテイストに仕上がります。

賃貸物件などで壁や床の色を変えられない場合は「貼ってはがせる壁紙」やポスター、写真立てなどの飾りやラグを多用して雰囲気をだしましょう。

手持ちの家具に塗装したりあえて傷をつけたりすることで、ヴィンテージ風に変身させることもできます。

(2)アイアン素材はマストアイテム!

アメリカンヴィンテージにはアイアン(鉄)素材はマストアイテムです。

無骨で男っぽいアイアンを家具に取り入れることで一気にヴィンテージ感が増します。

それぞれの家具にアイアンを少しでも取り入れると部屋全体の印象に統一感がでます。

最近ではエイジング加工されたアイアンを使った家具も多く販売されています。

人気商品なので見つけたら早めにゲットしましょう。

どうしてもアイアンが使われた家具が見つからない場合はDIYで作ってみるというのもおすすめ。

ホームセンターでは建築配管用の鉄パイプや、鉄筋コンクリートに使う鉄筋などが安く手に入ります。

カット加工を有料で依頼すれば大掛かりな工具は揃える必要はありません。

(3)ポップな小物をアクセントにする

アメリカンヴィンテージと他のヴィンテージ調インテリアの大きな違いは、ポップな小物をアクセントに取り入れる点です。

暗い色味の家具や内装に明るい色が使われたポップな小物を飾りつけると、一気にアメリカンヴィンテージな雰囲気になります。

定番は古い看板やナンバープレートや古いポスターや古本。

これらの小物と全体的に暗めの内装、古びた印象の家具が揃えば一気にお部屋がアメリカンヴィンテージのテイストに仕上がります。

本格的なアメリカンヴィンテージを目指すのであれば内装や家具から変えてみましょう。

逆に手軽に雰囲気を作りたい時には小物から揃えてみましょう。

その時にできるだけ年数を重ねたユーズド感が強い小物を選ぶことがポイントです。

アメリカンヴィンテージのインテリアのメリット

アメリカンヴィンテージ
 出典:Unsplash

アメリカンヴィンテージのインテリアは暗い色味で落ち着いた印象なので、リラックスするためのリビングルームや寝室に適しています。

また小物で個性が出しやすいので、オリジナリティのあるお部屋にしたい人におすすめです。

全体的にユーズド感があり新品ぴかぴかの箇所はありません。

つまり多少の汚れや傷がついても「味」としてインテリアの一部になるので、経年劣化を楽しめるインテリアデザインです。

他のインテリアデザインと比べDIYしやすいという点も大きなメリットです。

北欧テイストなどの綺麗ですっきりとしたインテリアは、一般の人がDIYで作るのことが難しいです。

しかし暗い色味でカジュアルな印象のアメリカンヴィンテージは、多少の失敗があっても全く目立ちませし、それも「味」になるのでレトロ感がでます。

既存の家具にヤスリがけや重ね塗りなどエイジング加工を施すだけでも、お部屋の雰囲気をアメリカンヴィンテージにできます。

小物の色味を抑えたりレザー素材を積極的に取り入れると大人っぽい印象にもなります。

「アメリカンヴィンテージは好きだけど、大人っぽい空間にしたい」という人はぜひ試してみてください。

アメリカンヴィンテージは男性の部屋の印象が強いかもしれませんが、アンティークの本や地球儀など可愛らしい小物を飾ると女性らしい印象にもなります。

他のインテリアデザインと比べても、アメリカンヴィンテージは老若男女問わず楽しめるデザインです。

さらに観葉植物との相性がいいのも特徴。

砂漠などの乾燥地帯で生えているようなとげとげしい植物を置くと、アメリカ西部の雰囲気がでます。

サボテンやユッカ、パキラやエレファンティペスは水やりも少なくお手入れも簡単なので室内でも育てやすいです。

天井から吊るすハンギングプランツや、エアプランツもおすすめです。

内装・家具・小物・観葉植物をうまく組み合わせればオリジナリティ溢れるお部屋にできます。



アメリカンヴィンテージのインテリアのまとめ

アメリカンヴィンテージは暗めの色合いとアイアン、レザーなどレトロ感のある素材を組み合わせることがポイント。

他のインテリアテイストと比べても小物を多用して演出することも特徴です。

飾り付ける小物によっても雰囲気が変わるので色々試すことがおすすめです。

またDIYで一般の方が表現しやすいことも大きなメリットです。

最近では安い家具をヴィンテージ加工する、アイデア本やウェブサイトがたくさんあります。

高い家具を買ったり内装を工事したりする前に、DIYでアメリカンヴィンテージのインテリアにチャレンジしてみるのもおすすめです。

小物はアンティークショップ以外にもフリーマーケットなどで掘り出し物を見つけてみるのも楽しいです。

さらにアクセントに観葉植物を置くとおしゃれ度が増します。

今回ご紹介した3つのポイントを押さえてどんどんオリジナリティのあるアメリカンヴィンテージのインテリアに挑戦してみてください。

関連記事

欲しい家具がみつかる<イマコレ!>

トレンドやコーディネート実例集が掲載されている<イマコレ!>を利用すると、自分に合わせたインテリアが見つかります。

忙しい時にネットで日時指定をしてまとめて受け取ることができるので、引越しの時などに便利です。

コスパの良い商品やサイズ、カテゴリ毎に探している人に最適な商品を提案してくれるのが嬉しいサイトです。

オフィスや家のものがカーテンやキッチン用品、ルームウエアまで3,000点以上の商品(90%)を自社企画で作っているのでリーズナブルな価格になっています。

最新情報やコーディネート実例集もあるので、一人暮らしの家具を初めて揃える人にもインテリアの勉強をしたい人も楽しめます。

ナチュラル・シンプル・北欧・モダンなど自分の部屋のテーマを決めインテリアを選んでいくと、統一感がでてきます。

ソファーやベットと大きなものから好みのテイストを選んでいくとテーブルや棚、照明が選びやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください。






自分らしい未来をSketch(描いて)して、自分らしいLife(人生)手に入れよう

SKETCH LIFEでは『お取り寄せグルメ』『風水インテリア』『アート・DIY』
3つのカテゴリから自分の生活を楽しむためのライフスタイルのご紹介をしています。

Twitter Instagram

Translate »