砂の落下で変わるオーストラリア発のアート!サンドピクチャー

サンドピクチャー

気分転換をしたい時に変えるインテリアオブジェ。

砂の落下で変わるサンドピクチャーは一度きりしか見ることのできない珍しいアート。

今回はオーストリア生まれのアーティスト、鬼才クラウス・ベッシュによって創造された動く砂の絵について説明していきます。

サンドピクチャーはどんなアート?

サンドピクチャーは、オーストリア生まれのアーティスト、鬼才クラウス・ベッシュによって創造された動く砂の絵です。

2枚のガラス板の間に比重の異なる砂、水、空気が入っています。

砂と空気と水と時間によって作り出されます。

砂時計のように砂が上から下に空気の隙間から落下し、神秘的なランドスケープ築いていきます。

1度しか見れないアート

このように砂がすべて落ち絵が完成したら、フレーム上下を逆さまにするとまた新たなサンドピクチャーの創作が開始されます。

空気の入り方や傾きによって砂が落下してつくるアートなので、1度しか見れないアートです。

フレームの両端に空気調節用の空気穴があるので、付属のインジェクターを空気を調節します。

空気が少ないと砂が速く落ち空気が多いと砂がゆっくり落ちるので、調節して自分の好きな速度を楽しめます。

サンドピクチャーの種類

サンドピクチャー

四角いフレームや丸いフレーム、縁のカラーバリエーションも豊富です。

シンプルに砂だけのものと絵と合わせているサンドピクチャーもありますが、好きな色の砂の組み合わせがあると嬉しいです。

化学系のアートを扱っているショップで縦10×横20cmほどの好きな色に惹かれてシンプルなものを購入しました。

ピクチャーの縁の裏表は白と黒で、スタンドも白と黒と2つ付属していました。

黒縁と白縁も両方楽しむことができますが縦に飾っても、横に飾っても楽しめるので飾るたびに新鮮です。

鬼才クラウス・ベッシュと、そのチームスタッフによって、一点一点精巧に制作されたサンドピクチャーは、とても素敵な作品です。

ヨーロッパでは、カンバセーションアイテム(会話のきっかけを作る商品)として親しまれ、人々が集まる所に飾られてきました。

玄関や寝室、リビングと置く場所を変えても楽しめます。

自分らしいインテリア空間にして楽しみたいですね。

またTempoDropは結晶がきれいなインテリアオブジェもギフトに人気があるので参考にしてください。

 




自分らしい未来をSketch(描いて)して、自分らしいLife(人生)手に入れよう

SKETCH LIFEでは『お取り寄せグルメ』『風水インテリア』『アート・DIY』
3つのカテゴリから自分の生活を楽しむためのライフスタイルのご紹介をしています。

Twitter Instagram

Translate »