イタリア|バロック建築の芸術作品バルベリーニ宮

パラッツォ・バルベリーニ

イタリア・ローマにあるパラッツォ・バルベリーニ (Palazzo Barberini) は、バロック建築のパラッツォ(大規模な邸館)。

バルベリーニ宮(Palazzo Barberini)とコルシーニ宮(Palazzo Corsini)の2つからなる建物はバロック建築の芸術作品です。現在は国立古典絵画館となっています。

パラッツォ・バルベリーニの歴史

もともとこの場所はスフォルツァ家の敷地であったが、バルベリーニ家が買い取ったもので、1633年までにおおむね完成したこの建築は、ウルバヌス8世(フィレンツェのバルベリーニ家出身)の命で建設された。当初建設の任にあったカルロ・マデルノが1629年に死去すると、その後はジャン・ロレンツォ・ベルニーニと、マデルノの親類であったフランチェスコ・ボッロミーニが引き継いだ。建設を依頼したのはウルバヌス8世の甥のタッデオ・バルベリーニ(英語版)であったとする資料もあり、これによれば依頼したのは1627年であった。
引用:Wikipediaより

バルベリーニ家の所有でしたが、1949年に至り政府の所有となりました。現在は、国立古典絵画館として利用されています。

1953年の映画『ローマの休日』で、登場人物のアン王女(オードリー・ヘプバーン)が滞在し、脱走する某国大使館の門はパラッツォ・バルベリーニの門で撮影されました。

 イタリア|映画『冷静と情熱のあいだ』ロケ地散策もイタリアで楽しむことができます。

バロック時代を代表する巨匠のコラボレーション

バルベリーニ宮

バルベリーニ宮は、ベルニーニボロミーニのバロック時代を代表する巨匠のコラボレーションによって実現しました。

建物の内外とも素晴らしい建築の美を楽しめます。

バルベリーニ宮は、1627年〜1629年教皇ウルバヌス8世の命により、建築家カルロ・マデルノと助手のフランチェスコ・ボロミーニにより建設が開始され、その後ジャン・ロレンツォ・ベルニーニとボロミーニにより完成されました。

バルベリーニ宮は、地下鉄A線のバルベリーニ駅のほぼ真上にあります。

バルベリーニ駅を降りると、駅上の広場がバルベリーニ広場があります。

コルシーニ宮は下町と呼ばれるローマの西側のトラステヴェレ地区にあります。

バルベリーニ宮は12世紀~18世紀までのコレクションを展示しています。コルシーニ宮は主に海外の作家の作品や17世紀以降の作品を所蔵しています。

バルベリーニ宮

zip: Via delle Quattro Fontane, 13, 00187 Roma RM, Italy
tel: +39 06 481 4591

https://www.barberinicorsini.org



3階建てのバルベニーニ宮

紋章

3階建ての壮大な邸宅の正面の上には、紋章のようなものがあります。

よく見ると人ではなく、目と口にに当たる部分には蜂が施されています。この紋章のような細工を見るだけでもうっとりします。

通路

美しいイタリア式の庭園

どこを歩いても見応えがありますが、美しいイタリア式の庭園は魅力的なので、美術館をみた後にしっかり見ておきたいところです。

世界の珍しい植物が集めて植栽されています。リスボンのオレンジやインドの黄色いジャスミン、バラ、刈り込みがとても素敵です。

インテリアにグリーンを取り入れることは庭がなくても、ベランダにプランタを置いて栽培することも、室内で観葉植物など育てることができます。

植物の育つ過程を見ていると日々の癒しになります。

海外では雑草の扱いになるローズマリーを育てていますが、虫除け、食事のスパイス、半身浴の入浴剤として使っています。葉がしなってきたら水やりをする程度で、どんどん育つので、小さなものを購入し、増やすことが簡単にできます。

ピエトロ・ダ・コルトーナの天井画

ピエトロ・ダ・コルトーナの天井画

1~3階にコレクションが名作といわれる作品が展示されています。

見学出来る場所は広くはありませんが、旧邸宅の各部屋自体が芸術的なので、ゆっくり歩きながら見ることができます。絵画は約1450点、彫像などは2100点に及びます。

大広間には、建築家・画家のピエトロ・ダ・コルトーナが神の摂理の勝利をテーマに、天井画があります。(1632~1639年)

ダイナミックな動きのあるフレスコ画はとても圧倒されます。

フィリッポ・リッピ《受胎告知とふたりの寄付者》

受胎告知とふたりの寄付者
出典:wikipedia

バルベリーニ宮(国立古典絵画館) 

1階の第3室には、フィレンツェ派の巨匠、フィリッポ・リッピ『受胎告知とふたりの寄付者』が展示されています。

受胎告知は様々な画家が描かれていますが、名作なので見ておきたい絵画です。

その他には『タルクイニアの聖母』も展示されています。

主な収蔵作品

1階

  • フィリッポ・リッピ『タルクイニアの聖母』(Madonna di Tarquinia)
  • フィリッポ・リッピ『受胎告知とふたりの寄付者』(Annunciazione e due donatori)
  • ベッリーニ『男の肖像』(Ritratto di Uomo)
  • ベッリーニ『キリストの祝福』(Chiristo benedicente)

2階

  • ピエロ・ディ・コジモ『読書するマッダレーナ』(La Maddalena che legge)
  • ラファエロ『フォルナリーナ』(La fornarina)
  • ロレンツォ・ロット『聖カテリーナの神秘的婚姻』(Matrimonio mistico di Santa Caterina d’Alessandria)
  • ティツィアーノ『狩りに出かけるヴィーナスとアドニス』(Venere tenta di trattenere Adone dell’andare a caccia)
  • グエルチーノ『我アルカディアにあり』(I pastori in Arcadia (Et in Arcadia Ego) )
  • カラヴァッジョ『ホロフェルネスの首を斬るユーディト』(Giuditta e Oloferne)
  • カラヴァッジョ『ナルシス』(Il Narciso)
  • カラヴァッジョ『瞑想する聖フランチェスコ』(San Francesco in meditazione)

3階

  • ベルニーニ『ウルバヌス8世の肖像(絵画)』(Ritratto di Urbano VIII)
  • ベルニーニ『ウルバヌス8世の肖像(胸像)』(Ritratto di Urbano VIII)
  • ベルニーニ『ゴリアテの首を持つダヴィド』(David con la testa di Golia)

見たことがある数多くの名作が所蔵されているので、ローマへ行った時に見ておきたい美術館です。時空を超えた空間にゆっくり浸ることができます。

世界遺産フィレンツェ歴史地区にある、メディチ家のイタリア|有名絵画が集まるウフィツィ美術館は、ドーリア式の回廊の上に2階、3階部分が建設されたルネッサンス様式の建築物です。

大戦を生き延びたフィレンツェ唯一の橋、イタリア|宝飾品店が並ぶポンテ・ヴェッキオもイタリアへ行った時に見比べてみると楽しいです。




自分らしい未来をSketch(描いて)して、自分らしいLife(人生)手に入れよう

SKETCH LIFEでは『お取り寄せグルメ』『風水インテリア』『アート・DIY』
3つのカテゴリから自分の生活を楽しむためのライフスタイルのご紹介をしています。

Twitter Instagram

Translate »